提物屋ニュースレター バックナンバー Vol.1


狸の腹鼓

現代ではよく「たぬき」の発音は「他抜き」に通じて
「他より抜きんでる」という意味で縁起物にされます。
日本語を知らない外国人にとっては、想像し難い意味合いです。

江戸時代は、狸の根付といえば、藤堂藩に抱えられた田中岷江や、
その弟子の虎渓、周江の作品がよく知られています。



この一派の根付は、写真のように大きくふくらんだお腹と、
片手を挙げている姿が特徴です。
いわゆる「狸の腹鼓(たぬきのはらつづみ)」 です。



こちらの狸が岷江

狸  根付 木刻  31㎜


こちらは虎渓

狸  根付 木刻  32㎜


「ふくらむ」は、ふくらすずめと同様に「福良」に通じます。
腹鼓は、中国の故事「鼓腹撃壌」(満腹の腹を叩き、地面を踏みならして
太平の世を楽しむ様子)を意図すると考えられます。

自然環境のバランスが崩れると、狸は餌を求めて人里に寄ってくるため、
難しい問題が生じがちです。


人間と日本の固有種である狸が、共存しつづけることができる
平和がつづくようにと、狸の根付を見るたびに願わずにはいられません。



展示即売会のお知らせ

来週、京都で展示即売会を行います。
写真の狸も出演予定です、ぜひ狸の腹鼓を聞きにきて下さい。
心よりお待ち申し上げております。





提物屋ニュースレター バックナンバー

提物屋ニュースレター バックナンバー vol.09 龍そして雨龍
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.08 戌・犬・いぬ
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.07 胡桃の根付
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.06 子供相撲
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.05 鍾馗
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.04 松尾芭蕉
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.03 節分と升升半升
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.02 福助さん
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.01 狸の腹鼓
提物屋ニュースレターTOP


--> HOME お問い合わせ アクセス 展示会スケジュール