提物屋ニュースレター バックナンバー Vol.4


松尾芭蕉

春のお彼岸の季節になりました。
東京では、ソメイヨシノが開花したと発表されました。

さまざまの こと思い出す 桜かな   芭蕉

俳聖と呼ばれた松尾芭蕉(1644~1694)が
冒頭の句を詠んだのは、
元禄元年(1688)45才の時。
20代半ばで急逝した主君と共に見た
伊賀の桜を前にうたったこの17文字の詩は、
300年以上経た今も、私たちの心に
響くものがあります。


松尾芭蕉 根付1

松尾芭蕉 根付 木刻 江戸時代 46㎜


写真の根付は、とても珍しい松尾芭蕉の意匠の作品です。
左手に短冊、右手に矢立をもっています。
矢立は、筆と墨を入れる携帯用筆記具で、
ペンや鉛筆のなかった江戸時代の人々にとっては、
なくてはならないものでした。


松尾芭蕉 根付2

松尾芭蕉は、この句を詠んだちょうど1年あとの元禄2年、
崇拝していた西行の五百回忌の年に、名所を巡り歌をつづる旅に出ます。
旧暦3月27日早朝に門人杉山杉風の別宅採茶庵を出発し、
最初についた千住で詠んだ句が

「行く春や 鳥啼(なき) 魚の目は泪」

これを「矢立初めとする」と、洒落た表現でつづっています。
有名な『おくの細道』の冒頭です。


矢立各種 江戸~明治時代



皆様も、携帯電話を粋な矢立に持ち替えて、
300年後の、24世紀の日本人が感動するような
春のうたをよみにでかけてみませんか?


提物屋 吉田ゆか里



提物屋ニュースレター バックナンバー

提物屋ニュースレター バックナンバー vol.09 龍そして雨龍
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.08 戌・犬・いぬ
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.07 胡桃の根付
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.06 子供相撲
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.05 鍾馗
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.04 松尾芭蕉
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.03 節分と升升半升
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.02 福助さん
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.01 狸の腹鼓
提物屋ニュースレターTOP


--> HOME お問い合わせ アクセス 展示会スケジュール