提物屋ニュースレター バックナンバー Vol.6


子供相撲

大相撲九月場所の初日も、もう明日となりました
そして今日は9月9日の重陽の節句です。

重陽は、9という陽の最大数が重なる日であることから
陽の象徴である男子が取り組む相撲が
京都の賀茂別雷神社(上賀茂神社)のように
奉納されたりもします。

さて根付にも子供相撲の意匠が見られます。


子供相撲 根付1

江戸時代、子供相撲は、明和年間(1764~1772)には、
すでに江戸の浅草寺の御開帳時に見世物として
興行されていました。

また天明6年(1786)の秋には、江戸の駒込竹町の越中屋という
裕福な町人が、
10~15才位までの子供を4~50人集め、
取り方や作法を教え、
白山権現で相撲を行わせた逸話も残っています。

この時、境内には幟(のぼり)がたくさん飾られ、
子供力士は立派な化粧廻しをつけ、
土俵入りもある、本場所さながらの本格的なものだったそうです。


子供相撲 根付2
子供相撲 根付3

子供相撲 根付 象牙刻 18世紀 36㎜


11代将軍徳川家斉(1773 ~1841)は、
将軍職についた15才の頃から
すでに子供相撲の上覧記録があり、それ以降、
特に盛んとなりました。

享和2年(1802)9月、家斉30才の時、
江戸中の優秀な子供力士が吹上に集められ
子供相撲が華やかに行われたことが、
優秀な子供力士の四股名(しこな 力士の名前)とともに
記録に残っています。

また天保14年(1843)9月には、
12代将軍家慶(1793 ~1853)により
浅草の観音堂脇に土俵がしつらえられ、
子供相撲の上覧がありました。

その時の呼出は9才の追儺金太郎、
行事は13才の芝村源之助で
米百俵と銀百枚が一同に下されたそうです。


相撲 根付

‘’TINY TITANS, The Sumo Netsuke Collection of Karl-Ludwig Kley’’ R. Bandini著 より


子供相撲 鏡蓋根付

子供相撲 鏡蓋根付 銘 秀民 19世紀 36㎜ 個人蔵


このように2代つづけて将軍が子供相撲に興じた影響もあり、
大名の間でも、子供相撲の観覧記録があります。


力士も観客も、大人から子供まで、
相撲は江戸後期まで娯楽として隆盛となりました。


提物屋 吉田ゆか里



提物屋ニュースレター バックナンバー

提物屋ニュースレター バックナンバー vol.09 龍そして雨龍
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.08 戌・犬・いぬ
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.07 胡桃の根付
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.06 子供相撲
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.05 鍾馗
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.04 松尾芭蕉
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.03 節分と升升半升
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.02 福助さん
提物屋ニュースレター バックナンバー vol.01 狸の腹鼓
提物屋ニュースレターTOP


--> HOME お問い合わせ アクセス 展示会スケジュール